ホスティングサーバーを選ぶ評価のポイントとは

ホスティングサーバーの評価の仕方

WEBサイトを運営するためには、自宅または会社のパソコンとインターネットを接続するためのインターネット回線、そしてサーバーを用意する必要があります。
インターネット回線とサーバを用意するわけですが、インターネット回線については複数のプロバイダがあることは既に知っている人もいるとおもますが、サーバに関してあまり詳しくないという人は多いと思います。

サーバには、自社でサーバの環境を整えてインターネット回線を引く「自社サーバ」と、サーバを運用するのに整った設備がある場所でサーバを用意する「ハウジング」、他者(他社)が整えた環境で稼働するサーバを借りる「ホスティングサーバ」の3つのサーバがあります。

今回、このホスティングサーバの評価の仕方について解説をしていこうと思いますが、まずはホスティングサーバには、自社サーバとハウジングでどのような利害があり、ホスティングサーバのメリットとデメリットを知る必要があります。

ホスティングサーバのメリットとデメリット

ホスティングサーバを簡単に説明するなら、他人が所有するマンションに1室部屋を借りるものと想像するとわかり易いとおもいます。

このホスティングサーバでは、各ホスティングサーバのサービスを提供する会社によって、その管理運営費用は異なります。そして、ホスティングのなかにも、「専有サーバ」と「共有サーバ」といった違いがあります。

専有サーバとは、マンションの階層をまるまる独占して借りることができるもので、共有サーバは、階層にある部屋の1つを借りることができるものと思ってください。

そして、ホスティングサーバのメリットとデメリットは、この専有サーバと共有サーバのメリットとデメリットでもあります。

専有サーバのメリット
・高スペックのサーバを独占できる。
・サーバでのユーザー権限の自由度が高い。
専有サーバのデメリット
・管理費が共有サーバより割高。
・専有サーバの運用には専門の知識が必要。
共有サーバのメリット
・管理費が専有サーバより圧倒的に安い。
・運用はサーバ側に任せられるので管理が楽。
共有サーバのデメリット
・専有サーバと比較してユーザー権限が低い、またはほぼ無いため自由度が低い。
・他のユーザーとサーバを共有するため、他のユーザーの利用状況が自社(自分)にも及ぶことがある。

専有サーバと共有サーバごとのメリットとデメリットがこのようになっており、WEBサイトを運営する場合、またはインターネットサービスを運営する場合に、その運営方法によって専有サーバを使うか、それとも共有サーバを使うか選ぶ必要があります。

余談ですが、この専有サーバと共有サーバの良いとこどりをしたVPSというホスティングサーバもあります。
このサーバについての説明は追々するとして、ホスティングサーバを選ぶときには、それぞれのサーバの種類で違うメリットとデメリットを知っておくことが大事だということは、わかっていただけたと思います。

付与サービスとトラブル対策からホスティングサーバを選ぶ

ホスティングサーバを専有にするかそれとも共有にするかどちらを選ぶのにも、まず気になるのが管理にかかるコストだと思います。
なるべくサーバの管理にはお金をかけたくない。でも、「もしもの事があったら...」と思うと、安いホスティングサーバを選ぶのもためらってしまいますよね。

そこで、ホスティングサーバを提供するサービスで、各社のサービス内容と管理体制を比較することで、より安全にサーバを運用することができ、コストも抑えることができるホスティングサーバを選ぶことが出来ます。

この付与サービスで重要なのは3つあります。

・トラブル(耐震、防火、停電)に強いサーバであるか。
・サーバが停止した場合のバックアップサーバの有無。
・回線速度の速さ。

この3つの条件を調べれば、コスト的に十分なスペックを持っているホスティングサーバだと、納得して契約することができると思います。

新着コンテンツ
VPSと共有・専有サーバの違い
VPSとは、Virtual Private Serverの略で、直訳するなら仮想専用サーバーといいます。 少し想像が難しと思いますので、簡単に説明すると、ホスティングサーバには専有と共有、2つのサーバ...

続きを読む...


クラウドサーバとは
クラウドサーバという言葉を聞いたことがあるでしょう。「クラウド」は最近良く聞く「クラウドコンピューティング」の意味で、今回のクラウドサーバとは「仮想サーバ」を...

続きを読む...

Copyright (C) ホスティングサーバー探偵団 ホスティングを評価します。 All Rights Reserved.